出版のお知らせ:日本語教師のためのCLIL(内容言語統合型学習)入門|猫の手かします!日本語評価 CAAAT

お知らせ

2018.07.25

出版のお知らせ:日本語教師のためのCLIL(内容言語統合型学習)入門

「CLIL日本語教育シリーズ」はじまります! 

CLILの基本理念とCLILのコースや授業の組み立て方やポイント、具体的な実践方法や評価方法について、第二言語としての日本語の習得研究、第二言語習得に関わる学習者要因や認知プロセス、教育心理学、言語評価を専門としている立場から示した一冊。

実際の授業の様子の写真やイラスト、学習者の産出物、学習者の声も掲載。具体的な方法や教室の様子がわかりやすいように工夫されています。著者がCLILを知り、実践する中で生じた疑問や悩みについてもコラムなどで取り上げました。

CLILの評価については、CLIL開始前からの実施後までの評価法を紹介しました。Can-doリスト、ポスター発表の自己評価シート、期末レポートのルーブリック、学習者の振り返り例を掲載しています。悩ましい成績のつけかたについては、コラムで取り上げました。

[目次]

第1章 CLILって?
 CLILって?
 CLILの背景
 CLILの特徴
 CLILの4C
 第二言語習得の視点から見たCLIL
 日本語教育でCLIL
 CLILの取り入れかた
 CLILを想定した実践例
 CLILにおける教師の役割

第2章 4Cを意識したら、授業が変わる?
 CLILのコースを計画しよう
 CLILの教材を作ってみよう

第3章 CLILの授業をしてみよう
 どんな授業ができるか考えてみよう
 4Cに沿って学習目標を考えよう
 授業プランをたてよう
 内容面のポイント
 言語面のポイント
 思考面のポイント
 協学面のポイント
 CLIL授業での活動例
 教材・活動のチェックリスト

第4章 CLILで授業をやってみた!
 世界の貧困問題を知る 初中級~中級前半の学習者を対象としたCLILの授業

第5章 CLIL授業を評価して振り返ろう
 CLILの評価って?
 CLILのための評価法
 よりよいCLILの評価のために

<コラム>
・CBIとどう違うの? TBLTとの共通点は?
・イチ日本語教師が、専門でもない内容を扱っていいの?
・CLIL前とCLIL後
・学習スキル
・学習者の学ぶ力を育てよう
・教師はファシリテーター!
・成績はどうやってつけるの?